お味噌作り

来年の冬までおやすみなさい。
おいしいお味噌になってね。










味噌玉を味噌樽に投げ入れます。(空気を抜く) 「それっ!」

よく混ざったら味噌玉を作ります。「お団子みたい!」

つぶした大豆と麹と塩を混ぜたものを混ぜます。けっこう力がいります。

麹と塩を混ぜます。真剣です。

ミンサー、すり鉢を使って大豆をつぶします。「うわぁラーメンみたい!」「面白いね」

何でもさっと完成品が目の前に出てくる生活をしている子ども達に、長い時間をかけて
お味噌ができることを体験してもらい、食べ物の大切さを伝えていきたいという気持ち
から毎年子ども達とお味噌作りをしています。
約1年かけて出来上がったお味噌は、昼食の時お味噌汁として登場します。
お味噌汁の具はたんぽぽの畑で育った大根やキャベツ等々。
野菜を切って、お味噌を溶いて、お味噌汁を作ってくれるのは緑組さん。(年長さん)
毎日みんなでおいしくいただいています。
今年も来年の為にお味噌を仕込む時期となり、2月7日、みんなでお味噌作りをしました。